不用品の処分はトラック積み放題やリサイクルショップが便利!

引越しの不用品処分は早めに行わなければならず、特に大物の処分は計画的に行うことが重要です。

体験談として布団やダイニングセット、背の高い本棚などを粗大ごみに出すことにしましたが、

自治体の処分には手数料がかかり、シール券を買いに行って貼り、指定の日に出す必要があります。

都合が合わず時間に余裕もなくどうしようと思っていた時に、不用品回収業者のホームページに辿り着きました。

なんと、軽トラック積み放題でたった8000円

track

家電のリサイクル料金や粗大ごみの手数料を足してこれより高くなる場合はもちろん、多少それより安く済みそうでも、手間を考えると断然こちらが便利です。

電話一本で即日にちが決まりました。

当日は自分たちで荷物を降ろしていたので、あっという間に積み込み完了。

しかしまだ荷台には余裕があります。

「他にあれば何でも持って行きますよ。」と言ってくださったので、処分料を考え捨てるのをためらっていた古い衣裳ケースなども急きょ追加しました。

おかげ様で部屋も心も一気にスッキリ!

迅速で安いうえ、とても親切な対応でした。

 

不用品回収業者やリサイクル業者は、急な引越しの救世主的存在です。

その他にも、実際に行った不用品処分はリサイクルショップの出張買取サービスです。

結構年季が入った家具も多く、もしかしたらリサイクルショップの引き取りの料金の方が高くなるかもしれない、と思ったのですが、

出張で見積もりを無料でしてもらえるということで思い切って頼んでみることにしました。

 

するとやはり買値が付かないものもあって処分料金も発生したのですが、それでも買い取り分と相殺して4000円くらいで処分できました。

 

大型家具も家まで引き取りに来てくれるのも嬉しいサービスです。

 

また、私の住んでいる自治体はゴミ袋のお金がかかるのですが、ちょこちょこ出たゴミを袋に入れて収集に出すのではなく、

ごみ焼却施設に持ち込めば、車1台分くらいのゴミが数百円で処分できるので、ゴミは捨てずにダンボールに入れておいて引っ越しの日に焼却施設に持ち込みました。

手間も時間もかかりますが、不用品は自分で処分したほうが料金は絶対に安く済みます。

荷物を運んでもらうならどの業者に頼むべきか迷いました。

荷物を運んでもらいたい場合って、どんな業者に頼むべきか迷うものですね。

どんな荷物を運び、また重さごとであったり、荷造りが必要だったりで選ぶ業者が変わってくるんですね。

 

例えば、とりあえず思いつく業者としては、

  • 引越し業者
  • 運送業者

の2つが候補に挙がりますね。

Read More

引っ越しの挨拶はしておいた方が良い?色んな面で良い点が!

 

引越しの際に挨拶に行くかどうかには、それぞれ事情もあり、さまざまな考え方もありますよね。

 

私は今まで賃貸マンションにしか住んだことがありませんけれども、必ずと言っていいほど挨拶にお伺いするようにしています。

 

その際に体験した、挨拶に行く先やその方法について参考にして頂ければ幸いです。

Read More

ダック引越センターは作業もテキパキして、費用も安く良かったです!

 

父の都合により東京の港区から大田区への引越しをすることになりました。

 

まずはどの引越し業者を似するかを決めなければなりません。

 

引越し自体初めてなこともあり引越しに対する質などはあまり考えていませんでした。

 

要は幾らで物を運んでくれるのか?これくらいの認識しかなかったのです。

 

Read More

はじめての混載便利用が思わぬ費用削減につながりました!

これまでの引越しの中で1度だけ混載便を利用したことがあります。

 

今まで4回引越しをしましたが、その内3回は電化製品や自転車など全ての荷物を運ぶ引越しでした。

 

トラックを利用して引越しを行う為に、県内の移動でも10万円程度はかかっていました。

Read More